脱毛エステに予約した日に行けなくなってしまった場合は?

脱毛エステは基本的に予約制で、定期的に予約を入れて通う必要がありますが、この予約を入れた日に行けなくなってしまうこともあると思います。

前日までにそれが分かっている場合、必ずその時点でキャンセルの連絡をしてください。

前日までにキャンセルをすれば、これといったペナルティは無い脱毛エステが大半です。

これが予約の当日になってしまうと、1,000円程度の罰金を課せられてしまうことや、その日の1回分がコースの施術回数から減らされてしまう場合があります。

このペナルティは脱毛エステによって異なりますが、大半の所では当日の連絡では何かしらのペナルティを課せられると考えておいてください。

また、連絡もせずに行かないという行為は一番やってはいけません。

これをやってしまうと、ほぼ確実に罰金、もしくはその日の1回分の施術を無駄にしてしまうことになります。

電話で予約をしている場合、次の予約の電話を掛けにくくなってしまうことにもなりかねません。

人気のある脱毛エステは予約をとるだけでも大変なことも多く、このような行為はお店や他のお客さんにも迷惑を掛けてしまうことになります。

急な予定が入った場合や、体調の変化などで急に当日に行けなくなってしまった時には、必ずその旨の連絡をしましょう。

脱毛エステは女性の味方

自分の無駄毛は父譲りで、男の人のように毛深くて本当に嫌でした。

前の日に剃ってもすぐに生えてきて、スカートを履くことができませんでした。

また、腕も毛がぼうぼうで、男子にからかわれ、本当に嫌な思いをしたんです。

そんな私ですから、割と早いうちから脱毛についての憧れを持つようになりました。

多分中学生あたりからです。

そのため、大学生のころからお金を貯めて、社会人になってすぐに脱毛エステに通い始めました。

その頃には脱毛エステは沢山あり、雑誌の宣伝でも良く見るようになったので、お店に困ることはありませんでした。

エステに通って一回目で、レーザーを当てて毛をなくしていったのですが、終わったあとの艶々とした腕を見て驚きました。

やっぱり私は女性だったんだ、とその時強く思ったものです。

そこからはもう、男性並みの無駄毛とはすぐにおさらばしたくてエステに通いつめました。

ある程度の間をおいての来店をするのももどかしく、できれば毎日でも通いたいと思ったほどです。

それくら、仕上がりには満足していたんです。

脱毛をほどんど終え、久しぶりに会った友達にさりげなく腕を見せたらすごく驚いていました。

今では友達のほうが毛深く見えたほどです。

脱毛エステは女性の最高の味方です。